事故ったときのことを思い出すのは
辛いけど、聞いてみたアルね。
乗り物がないところが羨ましいアルね。

事故ったらもう1年は凹むアルね。

高校生の時に、横断歩道と信号が無い道路を渡っていたら、乗用車に跳ねられました。加害者の人が自賠責保険しか入っていなかったので、入院費用と後遺症のみの保険費用しか支払いをしてもらえず、数か月で示談になりました。現在も事故の後遺症で痛いところがあっても、治療費は払ってもらえないので、自己負担でしか病院に通う事が出来ません。未成年でよく分からなかったのですが、もっと示談を伸ばしていた方が良かったのでは、と後悔しています。

通勤途中、自転車で出会い頭に大型バイクと追突しました。幸いバイクは速度を落としていたので大けがはしませんでしたが、追突された直後は全く身動きが取れない状態で倒れていました。 しかし追突したバイクの運転手はバイクに跨がったまま、一度も降りる事も無く 「大丈夫?じゃあ急いでいるから」と、こちらの安否を確認しないまま立ち去ってしまいました・・・いわゆる「当て逃げ」でした。 呼び止めようにも追突された衝撃で声なんて出ないので、完全にこちらの泣き寝入りです。 承認も居ないですから保険も適用されず、 治療費も全額負担で踏んだり蹴ったりでした・・・

小学生だった頃、信号待ちをしていて横から跳ね飛ばされる形での交通事故に遭いました。一緒にいた友達によると、私は「宙を舞った」そうです。落ちた場所がぬかるんでいたため、幸いにも軽傷?で済みましたが、「一応ということで」救急車で運ばれていった私の無事が確認されるまでは、親や教師は戦々恐々としていたらしいです。病院では、私がしっかりと話の受け答えをしているから、という理由で精密検査はされませんでしたが、この病院側の応対は今考えるといかがなものかと思います。(事実、その後極端な肩こり・頭痛もちになってしまいました…) 私をはねた車は、明らかに車が進入してはいけないところに進入してきていたのですが、家庭がゴタゴタしていた時期だったからか?結局菓子折り一つで許したらしいとのこと。もう随分と昔のことですが、おおらかな時代だったということなんでしょうか。なんにしても、命に別状が無かったことだけは本当に不幸中の幸いでした。

高速道路で単独、自損、事故を起こしてしまいました。深夜で交通量が少なかった事が救いでした。相手が居なくて安心しました。雨の日でのスリップ事故でした。前後左右のタイヤをバーストさせてしまい、走行不能になってしまいました。まず、保険会社への事故報告、同時に、車の購入先にも事故報告をしたのです。購入先は、ロードサービスも行っており保険会社の指定店にもなっていて、私自身は、保険の特約を利用する事で無料の搬送もして貰え、加えて代車の対応も出来るので、お互いに利益があります。高速での事故は初めてでしたが、対応の速さに驚きです。高速を管理するパトロール隊が来て、それからすぐに、高速警ら隊が来て、ある意味、大騒ぎ状態です。けが人が出ずに、「ほっと」しました。

まだ未成年だったとき、路線バスに乗車し目的地に着いたあと停車中のバスの前を横切って反対側の歩道に渡ろうとしたときバスの影から来た乗用車にはねられた。そこから歩道までふきとばされ、工事中の建物の壁にぶつかって全身を打った。しかし運よく大けがにもならずさらには運転者が保険会社の社員の方だった。すぐに車を降りてこられ、家族に連絡し病院へも付き添ってくれた。今後の治療のことや補償のことなどを良心的に、というよりもほんとうに誠心誠意謝罪してくれた。元はと言えばバスを横切り道路へ飛び出したこちらが悪いのだと言って家族が責任をあちら側に問うようなことを一切しなかった。そうしてくれたのは今でもよかったと思っている。無事に治癒し、後遺症もない。不幸中の幸いがたくさん重なった稀なケースであると思っている。

私は雪が降りしきる中、前方がはっきりとわからない中交差点に進入してしまい右側から来た車と衝突事故を起こしてしまいました。一瞬目の前が真っ暗になり自分でも何が起こったのかわからないぐらいでした。 警察に来てもらい現場検証をしてもらったのですが、1番困ったのは大破した車をかたずけるのに一苦労しました。決まった車屋さんもなく、仕方ないので親戚の運送屋さんに頼んで大破した車を我が家へレッカーしてもらいました。こんなことがないように、日ごろから車屋さんは決めておつきあいをしておくものですね。

2車線の高速道路で事故に巻き込まれました。 右カーブで走行車線を走っていたところ、追い越し車線を走っていた車が突然壁に衝突し跳ね返ってこちらの車の右側後方にぶつかってきました。 こちらの車はカーブを抜けた位置で180度回転した状態でエンジンが止まってしまいました。 気が動転していたので移動しようにもエンジンがかかりませんでした。(実際にはギアがドライブに入ったままだったのでかからなかっただけでしたが) カーブの先だったので追突されることが恐ろしく、警察が到着するまで車外で待ちました。 それ以来、頚椎ヘルニアで大変な思いをしています。


事故ったら1 事故ったら2



Copyright (C) 事故ったら事故車買取でキメるアルよ! All Rights Reserved.